ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


名称:仕上サンダ(オービタルサンダー)
通称:サンダー
用途:削る

090603_01.jpg

<マキタ 仕上サンダ BO3700>
壁などの下地処理や木の下地処理、ラフな面取りにも使ってしまう場合もあります。
以前紹介した<紙やすりサポート>の電動工具版ですね。

この仕上げサンダーには大きく分けて2種類ありまして
パットの部分が丸いもの(通称デンデンムシ)と今回紹介している四角いものがあります。
090603_02.jpg

大きな違いはサンドペーパーが専用か否かですかね。
デンデンムシはマジックテープ仕様のペーパーを使うので交換が楽チン。
本体もコンパクトで細かい作業向き。
しかし、どこでも売っているペーパーは使えない。

私の持っている四角いサンダーは市販のサンドペーパー(私は空研ぎペーパーを主に)を
切って穴あけて使っています。わざわざ切らなくても、専用の物もあるのですがなんせ貧乏性...いや小市民。消耗品はなんとか安く済ませようと。。。手間は掛けても金掛けずです。
これは比較的大面積での作業向きですね。

四角いサンダーでもマジックテープ式もあるので好みと手間をどう見るか、で選ぶべきでしょうね。

手でペーパー掛けするよりは何倍も早いので助かりますが、難点もあります。

まず、うるさい。
ブゥィィ~ン・・・という騒音は結構なものです。
手に帰ってくる振動もなかなか。

それと集塵機能がイマイチ。
パテ処理の時は粉で視界は不良になります。
使うときはいつも「この使えない袋め!」と集塵袋に悪態をつきたくなるほどです。
この袋はゴミだし部分のファスナーも壊れやすいし、使い勝手は悪いです。
たまに洗ってやるとこんな色だったのねと認識できますよ。

DIYでも塗装の前処理にペーパー掛けするときは
これがあれば楽チンです。
手でやると結構、筋肉痛になりますからね。
ホームセンターにはRYOBIのDIY用などが安価で売っていますよ。
あれば便利、なくてもなんとかなる。そんな一品です。


人気blogランキングへ

店舗内装屋である私の仕事のホームページはこちら





いつもブログを見るのを楽しみにしています。これからも楽しく読ませて頂きますね!
【2011/01/04 23:55】 URL | 王子の美容院 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 diy-道具マニアな日々, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。