ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


名称:三角スケール
通称:三スケ、スケール
用途:縮尺読み取り

060828.jpg


強いて言えば定規です。
通常の定規の目盛りは1/1スケールですね。
この三角スケールは1/100(1/10、1/1)、1/200(1/20、1/2)、1/300(1/30、1/3)、1/400(1/40、1/4)、1/500(1/50、1/5)、1/600(1/60、1/6)が測れます。縮尺の付いた図面を読み取るには必需品です。
建築図面などは現寸図を書くのは不可能に近いため、縮尺を変えて書いていきます。
大きく分けて6通りの縮尺で読み取れますが、よく使われるのは、1/100、1/200、1/500が大型建築物、一戸建てなどは1/50、1/100、家具などは1/10、1/20です。ですが、描く目的やわかりやすさによって縮尺はマチマチになりますので、各図面には必ず、縮尺1/○○(またはS=1/○○)と記載しなければ読む人はわかりません。
図面はアートではないので、読み取りやすく、わかりやすくなければいけません。建築に長い人は図面を見ただけで、設計者の技量や想い(意図)がわかるそうです。
今はCADが主流ですが、ついこの間まで図面は手書きでした。線の強弱、図面の配置、寸法の取り方、一つ一つに個性が出てきます。設計の仕事はここにもセンスが問われているのですね。

誰が作ったか知りませんが、便利なものを考えたものです。
これは定規ではないので、直接線を引いてしまうのはナンセンスです。目盛りが擦れて読めなくなってしまいます。

縮尺が1/150や1/250などの三スケもあります。このスケールは持っている人が少ないので、使いづらいと思いますね。こんな縮尺で図面を書いたら、きっとクレームだらけになって仕事にならないでしょう。


気に入ってくださった方クリックお願いします。
人気blogランキングへ
ご期待に応えられるようガンバリマス!

たまには設計屋っぽい事を書く私の仕事のホームページはこちら




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 diy-道具マニアな日々, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。