ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


続いて金物選びです。
私はビスなどは在庫がありますので買いませんが、
手持ちがない方はビス、釘などもお忘れなく。

「神殿風」というイメージコンセプトなので
ステンレスのパイプを使う設計にしました。
パルテノン神殿の円柱は太いので、パイプも無駄に太い25Φを選びました。
ステンレスパイプは皮膜タイプにします。
鉄パイプに薄いステンレスを巻いたのが皮膜タイプです。
値段が安いです。仕上げが「磨き」なのでちょっと嫌でしたが、アルミのアルマイト仕上げは割高なので妥協しました。

■ステンレスパイプ 25Φx910 1本(@410円)
使用するのは300ミリぐらいなので半分以上の余りが出てしまいました。意匠的な要素なので仕方ないのですが、また在庫が増えてしまった・・・。


あといろいろと細かい金物を購入しました。
一つずつ説明しても仕方ないので以下がリストです。

■二方面金具 小x1セット(4ヶ入り @120円)
四方枠の四隅を留める金物
■オニメナット M8x1セット(2ヶ入り @105円)
パイプを固定するのに使用
■キャスター取付高35 ゴム車固定式x4ヶ(@70円)
引出しのキャスター
■木ダボ 6x25x1袋(100本入り @380円)
CDの仕切りに使用
■木工ボンド x1ヶ(@175円)
速乾は価格が倍なので安い方


ホームセンターは加工もしてくれますので
木板の加工をお願いしました。安いし、大型の機械でカットしてくれますので、きれいに仕上がります。
ですが、ここで注意です。
ホームセンターにもよりますが、加工の上手い下手はハッキリあります。加工場専属の店員(明らかに売り場の店員と違う職人気質な人達)がいる場合はまぁ安心です。加工誤差は最大1ミリ程度で仕上てくれます。ですが、如何にも経験の浅い、下手をすればアルバイトっぽい店員がついでに加工をしてしまっているようなホームセンターでは、加工誤差は最大2~2.5ミリは覚悟しましょう。たかだか1、2ミリの違いだろう?とお思いかもしれませんね。
以前書きましたとおり、建築業界の単位はミリなのです。その数ミリの誤差で部材が入らない、決まらないなんてことがザラにあります。
まぁ、ホームセンターの加工場にそこまでの精度を求めるのは酷な話です。ただ、いかにもアルバイトです的な店員を加工場に配置しないでくれ、と思っています。監理的にいうと安全に対する意識をもうちょっと持て!と言いたくなります。

■ラワンランバー450x300x1枚→1/2x420x2枚
■同上         x1枚→1/2x200x2枚
加工賃 150円 加工誤差1.5ミリ・・・まぁこんなもんです。


以上で買出しは終了です。
結局なんだかんだとホームセンターに3時間いました。
1.5時間は必要ないものに興味が向いていました。

材料費合計 2780円
ちょっと予算オーバーです。

次回、いよいよ製作に入ります。


気に入ってくださった方クリックお願いします。
人気blogランキングへ
ご期待に応えられるようガンバリマス!


店舗設計屋である私の仕事のホームページはこちら



■■マルゲリータ(MARGHERITA)■■

設計事務所がデザインした雑貨、家具、CDラック、ワインラックなど

インテリア関連の商品を扱っています。

全てオリジナル製品の為、他ではほとんど扱っておりません。

デザインに優れた独自の商品群を形成します。























管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 diy-道具マニアな日々, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。