ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以前書きましたが
私のウチから半径1キロ圏内にホームセンターが3軒あります。今回はその中で一番大きいHOMESしました。
(余分な情報ですが)HOMESは島忠グループです。建材も多く扱っているので便利です。店舗のつくりは、ジョイフルホンダ、スーパービバホームなどと同じで、売り場の半分は日用雑貨が占めています。とにかくだだっ広いのが特徴ですね。工具関係の品揃えは悪くないですが、私の視点で見る限り、ドイトには劣ります。
ホームセンターについては別の機会にしましょう。

まずはメインになる構造体の材料です。
合板t18で設計しました。
ただ合板と言っても種類は豊富です。一般的な合板は単板(ベニヤ)を木目の向きを互い違いに重ね合わせた積層合板ですね。
20060802171343.jpg

強度もあって良いのですが、難点は小口が見える仕様だと安っぽく見える。小口にビス止めすると心もとない、など。小物製作にはちょっと不向きかもしれません。板厚を24ミリぐらいにすると積層の小口も迫力が出るのですが、値段も高くなります。重量もありますし、余程のこだわりがない限り避けましょう。

私はラワンのランバーにしました。
ランバーコアという合板の一種。
20060802171545.jpg

木角材を並べて面に単板(ベニヤ)を張り合わせたものです。ランバーですと板厚が厚くなってもわりと手ごろな値段です。芯が角材なので小口にビス止めが楽です。ラワンというのは木の種類。安価ですが、ささくれが立ちやすく、カットした際割れやすいです。赤みがかってますし、見てくれは下地材向きです。
本来はシナベニヤのランバーが良かったのですが売っていなかったのでやむなしです。

■ラワンランバー18ミリ 450x300 2枚(@315円)


次にキャスター付引出しの正面材。
木角材で四方枠を作り、それに底板をつける設計になっています。
その四方枠の材料は、杉にしました。
多少木目があった方が経年変化が楽しめます。折角杉にするのだから焼きたいな・・・などと思いましたが、作業が増えるので今回はやめときましょう。焼き杉については機会があれば紹介します。木目が立体になり味があります。

■一等 杉 節有 14x30x910 2本(@115円)
※木には等級があります。たしか乾燥の度合いで等級が決まる?(間違っていたらスミマセン)


続いて木口(こぐち)テープです。
上の写真の通りランバーでも切り口はあのようになります。
無垢材ではありません、と宣伝しているようなものです。
カット面を隠す加工(45度の留め)方法もありますが、
そこまでこだわりませんので、テープで隠すだけにします。
20060802180512.jpg

製作の段階でも説明しますが、木口テープは紙製らしいですが水性塗料はのりません。気に入った色がない場合は油性系の塗装をしましょう。
私は案内してくれた店員からの「水性は弾いてしまう」と言う忠告を忘れ、ナチュラル色を買ってしまい、後々痛い目に合いました。
水性塗料で木口テープを貼る場合、仕上げる色を踏まえて購入しましょう。

■木口テープ 18ミリ 3.0m(@100円/m)


ちょっと長くなってしまいましたので
後日に続きます。


気に入ってくださった方クリックお願いします。
人気blogランキングへ
ご期待に応えられるようガンバリマス!


失敗をしても挫けない私の仕事のホームページはこちら



■■マルゲリータ(MARGHERITA)■■

設計事務所がデザインした雑貨、家具、CDラック、ワインラックなど

インテリア関連の商品を扱っています。

全てオリジナル製品の為、他ではほとんど扱っておりません。

デザインに優れた独自の商品群を形成します。























管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 diy-道具マニアな日々, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。