ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日から何回かに分けてDIY製作工程を記していきます。
今まで紹介してきた工具を実践的に使っていこうと思います。

余談ですが
夏になると工作したくなるのは私だけでしょうか?
子供の頃は「夏休みの課題」などで仕方なく工作していましたが、学校というものに縁遠くなってしまった今、仕事ではない「工作」という響きはとても気持ちよく聞こえます。
その影響でしょうか?夏=工作=つくりたい症候群
みたいな感じになってしまいます。

巷ではDIYはブームを通り越し、定着しつつあります。
良い兆しですね。
DIYをされている方たちもやはり「工作」という響きが気持ちよいのでしょうかね?

話を戻します。

まずは何をつくるか?
せっかくなので使える小物にします。
ちょうど我が家のCD郡がみすぼらしい状態なので
ラックをつくりましょう!となりました。

次に、大まかな大きさを決めます。
高さは棚の中に収めますので、棚板間の内寸以内。
幅は400ミリくらい、奥行きはCDが入ればいいので150ミリくらいで・・・。
CDの高さを考えると、2段組でいけそうだな・・・。

とこんな感じで進めます。

建築業界では寸法単位はミリです。
あまりにケタが大きいとメートルを使いますが、
基本的にはミリで言い表します。
50と言われたら5cmのことです。
慣れるまでは大変でしょうが、単位をミリで話していたら
この人少しは知ってるな、と思われますよ。
ホームセンターで店員と話す時などはミリで話しましょう。

ちょっと変則的な寸法表現
1メートル=1000=メーター
とどれも同じ1メートルのことです。
1(いち)は言わずに省いてしまうことが多々あります。
怪しいな、と思ったら聞き直しましょう。


大まかにつくる寸法が決まったらいよいよデザインです。
ここで言うデザインとは、用途、機能、材質をまとめて
一つの形を描いていきます。
今回、私は書きとめず頭の中であれやこれやと考えてましたが、必ずスケッチ(落書き程度で十分)をお勧めします。
絵だけではなく、文字で表現も加えましょう。
この落書きを現実的にまとめていく作業を設計ではエスキス(エスキース)と言います。
折角書いたエスキスは取っておきましょう。
エスキスを眺めていると、自分のデザイン工程が分かってきます。普段考える時の癖(順序)も見えてきますので面白いですよ。

では次回は作図に入ります。


気に入ってくださった方クリックお願いします。
人気blogランキングへ
ご期待に応えられるようガンバリマス!


そんな工作好きな私の仕事のホームページはこちら



■■マルゲリータ(MARGHERITA)■■

設計事務所がデザインした雑貨、家具、CDラック、ワインラックなど

インテリア関連の商品を扱っています。

全てオリジナル製品の為、他ではほとんど扱っておりません。

デザインに優れた独自の商品群を形成します。























管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 diy-道具マニアな日々, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。