ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


名称:下げ振り(サゲフリ)
私の通称:ブリ
用途:水平出し、垂直出しなど

060728.jpg


オモリを下に垂らして壁からの距離を読み垂直かを調べる。
天井につけた点からオモリを垂らし、床にその点を落とす。
とまぁ...
言葉が足りなくてわかりずらかったらゴメンナサイ。

06072801.jpg

このようにセットします
本体には針と磁石が最初から仕込んであります。
今回は相手が木なので針でブスッとな。

06072802.jpg

本体に近い糸の壁からの離れを見ます。
この下げ振りは小さいタイプなので30ミリです。

06072803.jpg

オモリを下げていって床から少しオモリが浮いている状態で寸法を当ります。写真は29ミリくらいです。
よってこの枠は若干倒れていますね。まぁ許容範囲内。

写真の下げ振りは
<タジマ ピーキャッチ300>
糸の長さは3mです。
確か2800円くらい。
職人さんは5mを持っている場合が多いですね。
天井高も3m超えるのは珍しくないですしね。

この下げ振りも、なのですが
今はレーザーが主流になりつつあります。

タジマのリンク、レーザーの絵があります。
http://www.tajimatool.co.jp/ar/index.html

レーザーはどんどん改良されて安くもなって便利です。
ちょっと前までは何十万、何百万の世界だったのに
日本の技術力ってすごいですね。


この下げ振り便利なのですが
DIYではなかなか使わないでしょうね。

それでもあえて例えてみるならば、
ある日突然、襖がピタッと閉まらなくなった。
おいおい、この家倒れてきてるんじゃないのか?と心配。
そんな時、サッと下げ振りで確認してみる、
なんてのはいかがですか?
家族の方から熱い尊敬の眼差しを受けられるかもしれませんよ。


気に入ってくださった方クリックお願いします。
人気blogランキングへ
ご期待に応えられるようガンバリマス!


インテリア設計屋でもある私のホームページはこちら



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 diy-道具マニアな日々, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。