ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


用語:ディテール【detail】
意味:細部、詳細

DIYでも使える専門用語を新しくご紹介したいと思います。

まずは「ディテール」です。

建築業界だけで使われるものでもないので、
多くの方はご存知かもしれませんね。

私がよく使う場面は
「まだディテール決まってないけど・・・」や
「ディテールにこだわりすぎて全体のバランスが崩れた」など

建築図面と言っても意匠図、施工図、構造図、設備図などなど多くの図面が存在します。
私は内装メインの店舗屋なので、もっぱら基本設計図(主にミテクレ)と実施設計図(造る為の設計図)という風に分けて言っています。
建築屋とは書く図面量が違いますので、これでわかりますから良いのです。

※ここで言う建築屋とはわかりやすく言えばゼネコンや工務店のこと。

私はディテール好きで、基本設計段階から詳細(俗に納め・オサメとも言う)を考えています。
工事も自分でやるので、どのようにつくるかをデザインしながら考えてしまうという一石二鳥的な設計方法で図面を書いています。
まぁ基本設計通りにつくるというのは稀で、大概変更が出て納め方の変更。ディテール練り直しになります...。
これはもう癖ですね。

一般的には意匠(デザイン)に関わる大まかな寸法(形)を設計屋が起こし、ディテールは専門業者が書き、出来た詳細図を設計屋がチェックします。
その中でもこだわりの部分は、設計屋と業者で細かく打合せたり試作したりします。
時には細部までこだわり、設計屋がディテール考えて施工してもらうこともありますが、上手く納まらなかったら「どうすんだよ、これ!」という責任問題になりますから大変です。だから設計屋は納め方に深く首を突っ込まない(突っ込みたくない)のが現状でしょうね。

ディテールを書くためには、いろいろな知識が必要です。

DIYでもディテールまでこだわれば立派なものです。
まずはネジの詳細を調べてみるのはいかがですか?
ノギスや三角スケールは必須アイテムですよ。

ディテールを見ていくと世の中には
「よく出来ているなぁ」
というものがたくさんあることに気付きますよ。
あまり突き詰めていくとナノの世界にまで足を突っ込んでしまいかねないので程ほどに。


人気blogランキングへ

店舗屋である私の仕事の最近リニューアルしたばかりのホームページはこちら





スポンサーサイト


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 diy-道具マニアな日々, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。