ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近道具を紹介していないですね...。
ちょくちょく買っているので
紹介するものがないわけではないのですが、
もう少し暖かくなったらまた書いていきますので。

ここからは少し長くなります。
お時間があるときにでも読んで下さい。


ご存知の方も居られるかもしれませんが、
私はインテリアデザイン...主に店舗ですが、
設計から施工まで手掛けています。
宣伝ブログでも勧誘ブログでもないですよ。
ご安心を。


突然ですが、
「人生の中でこれをやりたいんだっ!」
という目標や夢はありますか?
私はここ最近見失っていました。

漠然とした目標として持っていたのは
『住みやすい街をつくりたい』という事でした。
私が住んでいる街も混沌としていて、高層マンションが林立しはじめました。幸い緑地が比較的多い区なので救われる地域ではありますが、これ以上人口密度を増やさなくても・・・と思います。

昨日、公示地価が更新されましたね。
それに絡めたニュースで、都心の不動産開発は土地がなくなりつつあり、終焉が近いとのこと。ディベロッパーは地方へと向きつつあるそうです。
現在はファンドによる不動産投資が増えバブル状態と言えるのでしょうか?見込み客として団塊世代も狙い撃ちされてますね。

話しが逸れてしまいました。
去年の秋ぐらいに朝日新聞で興味深い記事がありました。『沢田マンション』です。

↓ウィキペディアのリンクです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%A2%E7%94%B0%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

ご存知の方多いでしょうね。
私は知りませんでした...。

何が魅力的なのかというと
このマンション沢田夫婦と家族による手作りなのです。
現在の法規では違法になりますが、建設着手は昭和46年ですからね・・・。
住人は沢田さんの許可をとれば内装をかなり自由にいじれるようです。そして、要らなくなったものは近隣でリサイクルし合うなど、住民同士のコミュニティも形成せれ、ある意味一つの街が出来ているのです。

ここで私にはタブーなのですが、よく耳にする言葉で
「昔はそんなの当たり前だった」です。
そうです。昔はそうだったのでしょう。

現在も分譲マンションなどでは、ちゃんとコミュニティが築かれているところもあるはずです。

しかしこの「沢田マンション」は賃貸なのです。

都内に限りませんが、賃貸住宅では、隣は何をする人ぞ?状態ではないでしょうか?

随分遠回りになりましたが、
私の目標『住みやすい街をつくりたい』を突き詰めていくと、行き着く先は「沢田マンション」なのかな、と思っています。
いわゆる「集落単位のコミュニティ形成」
・・・ここまで書くと、どこかの小難しい建築士みたいで嫌ですね。(苦笑)

もっと噛み砕きますと
『自由な発想で暮らせる賃貸住宅をつくりたい』です。

私の構想

①RCもしくはS造(鉄筋コンクリート造か鉄骨造)
②3階建てくらいがちょうどいい
③10~15戸くらい
④単身者から夫婦まで(家族単位では難しい)
⑤水廻り、玄関、開口部以外は全てスケルトンで引渡し
⑥躯体をいじる以外は手をつけて構わない。内装は借主が自由につくる。

と途中ですが思いつく限り。
法規的なことやその他諸々、現実化には問題が山ほどあります。ただ、私が思うには可能かな、と。

日本の住宅は押し付けがましく感じるのです。
部屋を借りても似通ったクロス、つまらない床材、単調なレイアウト...コストダウンを図っての事なのは重々承知です。でも本当にコストを削るなら内装やらなくて良いのでは?と思います。賃貸物件はオーナーの持ち物、財産です。下手なことされて財産価値が下がったら元も子もない、でしょうか?


スケルトン渡しの賃貸住宅
実現化してみたいですね。店子がつくかわかりませんが、是非運営してみたいな、と思っています。
これが私の目標になりました。

便利なものでアンケートが取れるようです。

ですので、ここでアンケート実施させてもらいます。

金銭的なことはまぁこの際他所に置いておいて、
あなたはこのスケルトン渡しの賃貸物件住んでみたいですか?





質問 内装は全て自分で

スケルトン賃貸住宅



住んでみたい

興味ある

面倒だから嫌

そんなのありえない





結果


過去の投票


FC2ID







長くなりましたが
最後まで読んでいただきありがとうございます。
たまにはこんなブログもありかな、と思いまして。


人気blogランキングへ

インテリア設計屋である私の仕事のホームページはこちら



PR
ご注文ごとに生豆から焙煎。だから新鮮で美味しい。

こだわりの豆が30種類以上。いつでも焙煎したての珈琲豆を

お届けします。

やなか珈琲店




スポンサーサイト

テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ


先日のJAPANSHOPで一番興味を引かれたのが、VectorWorka12.5のプロモーションでした。

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、
VectorWorksというのはCADソフトです。

CAD:コンピュータ援用設計システム[computer-aided design]

昔のminiCADというソフトが大元です。
デザイン系の設計をやっている方で多く使われている感じがありますね。いろいろなCADソフトがありますが、(私の見識ですが)現行CADソフトの三本柱の一つではないかなと思います。他はAutoCad、JW-CAD。

今回新商品のVectorWorks12.5のプロモーションをやっていたのですが、新しく追加された機能がとても良かったのです。
詳しくはこちら↓
http://www.aanda.co.jp/VectorWorks/

まず、
ラジオシティレンダリング機能の追加
ラジオシティは影の具合を調整してより自然に見せることが出来る機能のこと。簡単に言えばよりリアルなCGをつくることができるのです。

レンダリング:コンピューターグラフィックスで、物体の見え方を計算しながらその画像を作成していくこと。


面光源と線光源
今までの点光源、スポットに加えて線光源、面光源が表現できるようになりました。
これで蛍光灯の表現がリアルになりますね。光天井や間接照明のシーンがだいぶ改善されます。


HDRIファイルのサポート
HDRIファイルを背景などで使うことで、より自然なレンダリングが可能。
私はこのHDRIというのは初耳でした。こういう事も出来るのですねぇ。

HDRI:ハイダイナミックレンジイメージ。通常の画像では記録できない明暗情報を記録した画像フォーマット。


私が気になった機能を上げてみましたが、まだまだ機能の追加や改善がされているようです。宣伝ではないので、この辺りでやめときます。

私は仕事でCADを使うので、これらの新機能はすごくありがたいですね。
何故なら、今のCG制作作業工程を書きますと

 ①JWWで図面作成
   ↓
 ②VWに取込後3Dに変換修正
   ↓
 ③Shadeに取込後レンダリング
   ↓
 ④adobeのソフトで部分修正後印刷

と誰から見ても回りくどいやり方をしているのです。
JWWじゃなくてVectorWorksで最初から書けばいいのですが、時間短縮するには手馴れたJWなのです。

問題はそこではなく、今回紹介したVWver12.5であれば③の作業をそのままVWで済んでしまうのです。
これはありがたいですよ。しかもShadeより光源指定が優れています(私がShadeを使いこなしてないだけかもしれませんが・・・)。

このVectorWorks12.5いいですね。
作業効率のアップと効果的なプレゼン力のアップに繋がります。
でも
私は決して儲かっている職業ではないので、なかなか手は出せませんが、今後検討するのもいいかもしれません。


人気blogランキングへ

インテリア設計屋である私の仕事のホームページはこちら



建設系のお仕事の方必見!思いのままに描きだす3Dグラフィックソフト

「Shade8.5」発売中!

3DCGを始めよう!Shade、Poser、Vueのメーカー直販サイトへGO!




テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ


先日、東京国際展示場で開催されているJAPANSHOP2007に行って来ました。

毎年開催しているのでご存知の方もいらっしゃると思います。




第36回店舗総合見本市「JAPAN SHOP 2007」が東京ビッグサイトで開催中です。

今回は出展社245社・710小間での開催となり、店舗向けの什器・設備、商空間デザインディスプレー、サイン・看板・グラフィックスなど魅力的な店づくりのための各種製品、最新情報を一堂に展示・紹介しています。

詳しくはこちら↓
http://www.shopbiz.jp/top/index_JS.html?PID=0003&TCD=JS



展示物はどれも興味を引くし面白いものもあるが、私は展示ブースを観るのが楽しみでもあります。
各社思考を凝らしてデザインされているので、個性があり、単なる新商品のアピールだけでなく、提案型展示も多数あります。
私などは「へぇ~こういう使い方もあるのかぁ」と感嘆します。

カタログを集めるのも仕事の一つです。
デザインを思いついて、「こんなのがあったなぁ」と思ってもその商品を扱っている会社名か商品名(正確でなくても)を知らなければ実現が難しいです。インターネットがあるので探し出すことは出来ますが、時間が掛かりますので一苦労です。
カタログはあれば便利なので、展示会などに行くと良い機会なのでワンサカもらって帰るのです。
おかげで帰り道は腕が痛くなってしまいました(苦笑)。


デザインの発想はモノを知っているかいないかで大きく変わってしまいます。店舗業界は新しいもの好きが多いのか、どこも矢継ぎ早に新商品をデザインに組み入れますね。私はハヤリスタリを追いかけていない路線なのであまり意識はしませんが、一応新しいマテリアルなどはチェックしています。イタチゴッコなのでキリがないですけど...。


今年のJAPANSHOPと建築建材展は何処となく地味だった気がしました。
全体的にブースもあっさり。
でもライティングショーの方はさすが照明、煌びやかで大手企業は頑張っていましたね。

一般の方も展示会は入れます。招待状がないと有料になってしまいますけど。きっと楽しいと思いますよ。
今年は9日までなので、興味がある方は来年にでも。


人気blogランキングへ

インテリア設計屋である私の仕事のホームページはこちら



■当サイト オススメのレンタルサーバー

 ウイルスチェックが全サービス無料のほか、フリーダイヤルによる

 安心の電話サポートが深夜まで対応している。

 月額1,995円からと格安でこのサービスを受ける事が出来る。

 CGI/SSI/PHP/MySQL/PostgreSQL のほか、ショッピングカートも無料。



テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 diy-道具マニアな日々, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。