ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日のJAPANSHOPで一番興味を引かれたのが、VectorWorka12.5のプロモーションでした。

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、
VectorWorksというのはCADソフトです。

CAD:コンピュータ援用設計システム[computer-aided design]

昔のminiCADというソフトが大元です。
デザイン系の設計をやっている方で多く使われている感じがありますね。いろいろなCADソフトがありますが、(私の見識ですが)現行CADソフトの三本柱の一つではないかなと思います。他はAutoCad、JW-CAD。

今回新商品のVectorWorks12.5のプロモーションをやっていたのですが、新しく追加された機能がとても良かったのです。
詳しくはこちら↓
http://www.aanda.co.jp/VectorWorks/

まず、
ラジオシティレンダリング機能の追加
ラジオシティは影の具合を調整してより自然に見せることが出来る機能のこと。簡単に言えばよりリアルなCGをつくることができるのです。

レンダリング:コンピューターグラフィックスで、物体の見え方を計算しながらその画像を作成していくこと。


面光源と線光源
今までの点光源、スポットに加えて線光源、面光源が表現できるようになりました。
これで蛍光灯の表現がリアルになりますね。光天井や間接照明のシーンがだいぶ改善されます。


HDRIファイルのサポート
HDRIファイルを背景などで使うことで、より自然なレンダリングが可能。
私はこのHDRIというのは初耳でした。こういう事も出来るのですねぇ。

HDRI:ハイダイナミックレンジイメージ。通常の画像では記録できない明暗情報を記録した画像フォーマット。


私が気になった機能を上げてみましたが、まだまだ機能の追加や改善がされているようです。宣伝ではないので、この辺りでやめときます。

私は仕事でCADを使うので、これらの新機能はすごくありがたいですね。
何故なら、今のCG制作作業工程を書きますと

 ①JWWで図面作成
   ↓
 ②VWに取込後3Dに変換修正
   ↓
 ③Shadeに取込後レンダリング
   ↓
 ④adobeのソフトで部分修正後印刷

と誰から見ても回りくどいやり方をしているのです。
JWWじゃなくてVectorWorksで最初から書けばいいのですが、時間短縮するには手馴れたJWなのです。

問題はそこではなく、今回紹介したVWver12.5であれば③の作業をそのままVWで済んでしまうのです。
これはありがたいですよ。しかもShadeより光源指定が優れています(私がShadeを使いこなしてないだけかもしれませんが・・・)。

このVectorWorks12.5いいですね。
作業効率のアップと効果的なプレゼン力のアップに繋がります。
でも
私は決して儲かっている職業ではないので、なかなか手は出せませんが、今後検討するのもいいかもしれません。


人気blogランキングへ

インテリア設計屋である私の仕事のホームページはこちら



建設系のお仕事の方必見!思いのままに描きだす3Dグラフィックソフト

「Shade8.5」発売中!

3DCGを始めよう!Shade、Poser、Vueのメーカー直販サイトへGO!




スポンサーサイト

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 diy-道具マニアな日々, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。