ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


用語:ディテール【detail】
意味:細部、詳細

DIYでも使える専門用語を新しくご紹介したいと思います。

まずは「ディテール」です。

建築業界だけで使われるものでもないので、
多くの方はご存知かもしれませんね。

私がよく使う場面は
「まだディテール決まってないけど・・・」や
「ディテールにこだわりすぎて全体のバランスが崩れた」など

建築図面と言っても意匠図、施工図、構造図、設備図などなど多くの図面が存在します。
私は内装メインの店舗屋なので、もっぱら基本設計図(主にミテクレ)と実施設計図(造る為の設計図)という風に分けて言っています。
建築屋とは書く図面量が違いますので、これでわかりますから良いのです。

※ここで言う建築屋とはわかりやすく言えばゼネコンや工務店のこと。

私はディテール好きで、基本設計段階から詳細(俗に納め・オサメとも言う)を考えています。
工事も自分でやるので、どのようにつくるかをデザインしながら考えてしまうという一石二鳥的な設計方法で図面を書いています。
まぁ基本設計通りにつくるというのは稀で、大概変更が出て納め方の変更。ディテール練り直しになります...。
これはもう癖ですね。

一般的には意匠(デザイン)に関わる大まかな寸法(形)を設計屋が起こし、ディテールは専門業者が書き、出来た詳細図を設計屋がチェックします。
その中でもこだわりの部分は、設計屋と業者で細かく打合せたり試作したりします。
時には細部までこだわり、設計屋がディテール考えて施工してもらうこともありますが、上手く納まらなかったら「どうすんだよ、これ!」という責任問題になりますから大変です。だから設計屋は納め方に深く首を突っ込まない(突っ込みたくない)のが現状でしょうね。

ディテールを書くためには、いろいろな知識が必要です。

DIYでもディテールまでこだわれば立派なものです。
まずはネジの詳細を調べてみるのはいかがですか?
ノギスや三角スケールは必須アイテムですよ。

ディテールを見ていくと世の中には
「よく出来ているなぁ」
というものがたくさんあることに気付きますよ。
あまり突き詰めていくとナノの世界にまで足を突っ込んでしまいかねないので程ほどに。


人気blogランキングへ

店舗屋である私の仕事の最近リニューアルしたばかりのホームページはこちら





スポンサーサイト

年明け最初は設計屋らしい内容を書きたいと思います。

私は店舗をメインに設計と施工両方をやっていますが、
よくこの質問を受けます。

「坪いくら位ですか?」

大概返答に困ります。
お店を開きたい、改装したいなどお客様は目的を持っています。
経営上、事業計画を立てる際、収支計画が必要ですので
まず目安を知りたい、これが理由でしょう。
確かに制限なしにお金を使える人、用意できる人はいませんよね。

いろいろな設計事務所やデザイン事務所、工務店などの
HPを観てみると、大抵みなさん価格は濁しています。

それは何故なのか
私なりの意見と経験から考えますと
(ここからは若干設計屋としての言い訳じみていますので悪しからず...)

住宅の場合、よほど凝ったつくりでなければ坪単価はおおよそ決まってしまいます。
ただし新築の場合です。リフォームや改装はピンきりです。
生活する場なので、過剰な装飾や大層な設備は必要ありませんからね。

では店舗の場合、何故坪単価を弾き出せないのか?
要因は二つあります。

まずは業種の多さでしょう。
店舗と一概に言っても様々な業種があります。
大きく分けると
物販、飲食、サービスなどがあります。
それぞれを簡単に説明すると
物販は商品をそのまま売るお店、
飲食は調理品を売るお店、
サービスは技を売るお店、です。

これらの店舗は装備品が違います。
ここがまず最初の大きな問題で、
店舗を営業するのに必要な設備機器はその業種によってまったく違います。
入れる設備が違えば価格も変わる、これは理解できます。

その違いは理解できるが
パターンはある程度きまるし、単価平均が計算できるでしょ?
と思われるでしょう。
確かに。

ここまでは常識の範囲です。
問題はここから

それは「デザイン」です。

デザインと書くと小難しくややこしくなりますので、
「設計」としましょう。

ゼロからモノを生み出す作業は容易ではありません。
設計はそれを売り物にしている(自分の考えを商品にする)不思議な商売ですよね。

設計者はどんなお店にするか考えます。
好きなようにつくればいいっていうものではありません。
お客様の希望要望を踏まえ、商売を成り立たせる空間を生み出さなければいけません。
様々なアイデア(工夫)や機能性、仕掛けを盛り込み
魅力的な店舗に仕上げる。魅力的とは人を呼び込む力を持つということです。
これが住宅と店舗、最大の違いでしょう。

魅力的なお店にする為に
材料を探し、見せ方を工夫するために収め方を考えたり、レイアウトにアイデアを盛り込んだり...考えれば考えるほど凝ったつくりになってしまいます。
ただお店は凝ればいいってわけでもないので難しいところですね。

店舗は流行スタリの時代性に左右されやすいので、
常に新しいことが盛り込まれていきます。
繁華街のアパレルで入れ替わりが激しく熾烈なのは、商品自体が流行に左右され店舗の様式もこれに準じるからでしょう。

話しがだいぶ逸れてしまいましたが
店舗屋が坪単価を濁す理由、
それは「店舗によってデザイン(設計)が違うから」
もっとわかりやすく書きますと
「お店によってつくるものが違うから」


これでは最初の設問「坪いくら位?」の答えになっていませんので
私の独断で考えます。

物販店=坪20~80万以上
飲食店=坪40~150万以上
サービス店=坪30~150万以上

大きな開きにビックリでしょう。
上限はあってないようなものなのですが、敢えて書きました。
物販で80万/坪はかなりお金を掛けている方ですね。
飲食やサービスは設備や条件で幅があります。


お店を開業したいとお考えの方へ、ちょっとしたアドバイス

①店舗屋には得意不得意の分野があります。
  依頼をする前にその店舗屋の施工例や実績などから
  得意とする分野を見極めましょう。
②予算決めする時は幅を持たせましょう。
  見込み客層にどんなサービスを提供する?
  客単価は同業種と比べてどの程度のランクのお店にする?
 ※上記の坪単価から上中下が割り出せると思います。
   その価格に+@は必ず踏まえる。
③物件を決める前に店舗屋又はコンサルなどプロと相談する。
  これが条件の見定めです。
  条件次第で想定以上に金額が上がる可能性は大です。
④365日連絡がつく設計屋、工事屋、店舗屋を選ぶ。
  これはかなり重要です。
  仕事での付き合いというよりも人付き合いとして考えた方がいいですよ。

以上は私なりの意見です。(本当はもっと書きたいのですが長くなるので)
コンサルではないので、すべて正しいとは言い切りません。
現場の意見としてあくまでも参考までに。


お店を開くのは大変なことです。
お金がたくさんかかりますし、何よりもその人の人生がかかっています。
店舗屋はその責任を担っていますので、軽くない仕事です。
私も戒めて日々精進です。


人気blogランキングへ

道具マニアとは内容が離れてしまい申し訳ないと思っている
インテリア設計屋である私の仕事のホームページはこちら


PR





★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★

なんと一番安いプランだと月額263円から!これならおこづかいで使えちゃう。

容量も200MBの大容量!CGIにSSI、PHPだって使えるよ。

85個もの可愛いアドレスで、友達に差をつけちゃおう。





テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 diy-道具マニアな日々, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。